夏灯蛍の物語創作部屋。


by na_f
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

同級生遭遇。

昨日は富山県にムーディ勝山が来ていたそうです。
見に行きたかったけどお仕事!あんちくしょうめ!
そしてムーディ帰りの友達が、連れと一緒に冷やかしに来てくれました。



社長とマネージャーに見られたらクビにされるな、とか思いながら話してました。
以前旦那と携帯買っていってくれた子持ちちゃん、友達で高校同級生のとーちゃん、そして高校同級生の男の子ほーくんです。
イニシャルにしようかと思ったんですが、めんどくさいのでこれで。
あたしが富山に戻ってきてることを知らないとーちゃんとほーくんはかなり驚いてくれました。むしろびっくりしたのはあたしだがな!
今誰と誰がどう交流あるのかさっぱりだから、久々に知り合いに会うとおもしろいし、嬉しい。
何事もなかったかのよーに(って別に何もないんだけど(笑))話に入れる気楽さ、これぞ地元の友達よねー。
それでついついテンション上がって、不良店員しちゃってるけど。うん。まぁいいよね(よくねーよ)
子持ちちゃんは赤ちゃんがぐずってしまったので先に帰り、じゃぁどーせならととーちゃん&ほーくんでご飯食べに行ってきました。
かといって女二人は食べ物屋に詳しいわけではないので、ほーくんがエスコート。さすが男の子(違)
駅前の飲み屋で、ソフトドリンクで乾杯。近況についてだべりました。
とーちゃんは高校の非常勤、ほーくんは塾を立ち上げて塾先生してるそうです。
二人とも先生視点でしゃべってるのがおもしろかった。生徒のイメージがある同級生なのに、当時の先生と同じことばっか言ってるのがうける(笑)
今は学力低下に伴い、生徒・親・教師の質が落ちてるんだそうで、教育論を二人に語っていただきました。
ものすっごく耳が痛かった。特に「赤点救済措置のために提出物出してるのにやってこないし」とかね……(遠い目)ばば様、耳が痛い。
そんなあたしは小学1年生のときしか、夏休みの宿題全部を出してません。大学はともかくとして。
赤点とるほどではなかったにせよ、提出物の点数はもらえなかったなぁ(--)
二人ともすばらしき教育者になってください。あたしはだらけた小説家目指しますね(違)
いろいろ仕事の苦労とかが癒されてリフレッシュな時間でした。
食べ終えて外にでたら、店前に3人組が。
とーちゃんとほーくんがスルーしていくので、あたしもチラ見してたら女の子と目が合ってしまった。
ガン見すること数十秒。

私「あれ、○○さん?」
○「あれ、夏灯さん?」

これまた高校の同級生3人組でした。世間狭いよ、本当!
しかも向こうがあたしの名前を覚えてるとは……ちょっと涙でそうなくらい嬉しかったんだけど!(爆)
自慢じゃないけど地味な高校生活だったしな!えへん。
意外に同級生とばったりでくわすもんですね。地元は狭い。
しかもこの子とは次の日にも会いました。職場で(笑)
ここ2、3日だけで同級生5人は見かけてます……みんなくるものなのね……。
マネージャーと社長の前だけでははしゃぎすぎないことを肝に銘じつつ、ほかほか気分な夏灯りでした。
[PR]
by na_f | 2007-08-05 10:18 | 日常雑記